定量分析によるクレジットカードの与信枠設定

定量分析とは、クレジットカード会社や消費者金融、販売信用などの消費者信用業者が顧客に融資を行う際に判断する審査の一つで、申込者の支払い能力を判断する方法です。主にどれだけの収入を得ているのかが重視されており、収入、可処分所得、貯蓄、勤続年数、住宅状況などが審査の対象になっています。

これにより、クレジットカードのショッピング枠、キャッシング枠が設定されることになり、安定した収入による返済が求められています。

そのため、就業先などが注目されており、大手企業に勤めている場合には与信枠が大きく設定が行われますが、逆にフリーターや派遣社員など収入が安定しない職業であれば、多くの融資を行うとリスクを負う可能性が高いので、返済の見込みがある低い与信枠に設定が行われます。

これにより、職業や収入状況はクレジットカードを利用する上では重要な要素と言えます。
また、財産状況や住宅状況は、もし返済が滞ってしまった場合に仮差し押さえとして抑える事が出来るものです。

最悪の場合には、差し押えることで所有している財産を手に入れることが可能で、それを売ることで融資に利用した金額を回収することになります。

つまり、融資を行った金額を回収するための担保と言えるものであり、財産を所有していない場合には、返済不能に陥った際に回収するものがないことから、当然ながら与信枠の設定に影響を及ぼします。消費者信用業者はこの評価基準で融資を行っているわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ