データウェアハウスに蓄積されたデータベースを使うこと

データウェアハウスとは、情報を保存しているサーバーなどを管理している、言わば情報の倉庫です。データサーバーを持たない会社などは、データサーバー管理業者に委託することになります。

昨今ではデータを格納するハードディスクドライブの価格が下がったことと、パソコンでも気軽にサーバーの構築が可能になったので、中小企業などあまり膨大では無いデータを管理する場合には、自社で管理を行う事もあります。

クレジットカードや消費者金融の場合には膨大な情報を蓄積しているので、管理業者に委託することも珍しくは無く、自社でデータウェアハウスを構築する企業なども存在します。

主に利用者の顧客情報から信用情報を管理しており、クレジットカードや消費者金融の利用に当たって、利用状況をモニタリングしていることできちんと返済を行っているのか、どの位の額を利用しているのかなどが管理されています。

また、加盟店側ともオンライン通信によって接続されており、顧客が加盟店でクレジットカードを利用した際にはそのクレジットカードが有効なものなのかをチェックするために、データーサーバーにアクセスを行います。

そこには無効通知リストと呼ばれる無効になったクレジットカードの情報が保管されているので、その情報を照らし合わせることで有効なものなのかを確認することになります。これにより、無効なクレジットカードは承認の時点で拒否判定が行われるので、不正入手したものは利用できません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ