データセットによるクレジットカードの情報管理

データセットとは、コンピューター用語でプログラムによって処理されるデータの集合体の事を指します。一般的にはファイルと呼ばれており、複数のデータがコンピューターによって処理が行われているので、システムを通して計算が終了し、人間が求めている情報になるわけです。

クレジットカード業界でもこのようなコンピューター処理が行われており、人間が求めるデータを既に処理された情報から引き出すことが可能です。このような情報を保管している場所をデータサーバーと呼んでおり、顧客に関する情報から、信用状況、返済状況などが管理されています。

また、コンピューターには学習能力が搭載されており、クレジットカードを利用する顧客が無理な使い方や普段とは異なる使い方などを発見した場合には、連絡が行われるようになっています。

これにより、もしクレジットカードが第三者の手に渡って高額商品が購入されている場合などには、コンピューターで検出されることで従業員に知らせ、従業員が本人確認を行う事で、不正利用を防ぐ役割があります。

また、返済状況のモニタリングも行っており、安定した返済が見られれば信用が出来る人間だと評価され、途上与信によって、ショッピング枠、キャッシング枠の拡張が行われます。

逆に、支払いの滞納などを行っている場合には信用が出来ないと評価されるので、与信枠の縮小や強制解約が実行されてしまうのです。
これらの情報を処理することで、多くの利用者の動向を監視するとともに管理を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ