手形による決済の仕組みとメリットとは何か

手形とは有価証券の一つで、企業間での取引の際に利用されている価値のある証券になります。主に約束手形が利用されており、これは現金を支払う振出人が受取人に対して後日に一定金額の支払を約束した有価証券です。

これにより、商品の引き渡しなどで振出人は商品代金の支払いを約束することで、後日支払う義務が発生します。メリットとしては、その場に決済を行う現金が無くても手形を発行することで決済を行う事が可能であり、2、3ヶ月後に受取人は振出人に現金化を行ってもらう事で、取引に利用した商品などの代金を回収することができるのです。

そのため、受取人は後日現金になる価値のある証券を手にしていることになります。これは、他の決済にも価値があるものだと認められるので、振出人とは関係の無い相手との取引の際には、決済を行う事で現金代わりの利用も可能です。

この行為を行う際には、裏書と呼ばれる持ち主が移動したことを示す署名と捺印を記入する必要があり、振出人に現金を回収する際には取引先相手と見知らぬ相手が来るので、誰から受け取ったものなのか、偽造をしていない正規なものなのかを証明するために記入を行います。

裏書の記入が漏れていた場合には、振出人は正規なものだと判断することが出来ないので、証券自体の価値を失うことになってしまうわけです。
このような決済方法のメリットとしては、現金を直接受け渡していないので、印紙代が発生しないなどのメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ