企業間における手形受取人から別の受取人に渡される手形とは

手形受取人とは、企業間の取引において手形による決済が行われた際に受け取る側になります。いわば債権者のことであり、企業間の取引の際に金銭のやり取りが発生しますが、支払いを行う側が現金を持ち合わせていない場合に発行します。

この発行者のことを差出人と呼んでおり、手形の役割としては後日に一定の金額を受け渡すと言った内容を約束した有価証券のことです。つまり、受取人は後日現金化が行える有価証券を受け取ることになるわけです。

手形はこのように価値のある証券になるので、受取人が別の企業との取引において支払いが発生した場合には、この手形で支払いを行う事が可能であり、差出人が現金を渡す前に受取人が変わってしまうこともあります。

手形を受け渡すためには、裏面に指名と捺印が必要であり、誰から受け取ったのかを証明しなければなりません。これにより、正規に受け渡された有価証券になるので、振出人に現金を回収する際には誰から受け取ったものと証明することになるのです。

これを裏書と呼ばれており、次々と受取人が入れ替わる場合には、それぞれ元の持ち主の氏名と捺印が押されることになります。

このようにして後日に現金化が行えることから、手形は企業間での取引において有効な決済手段として利用されており、特に大きな金額が動く取引などでも使われています。これにより、わざわざ大金を振り込む必要がなく、利用する銀行での手数料が発生しないメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ