デジタルサインによるデジタルデータの有効性

デジタルサインとは、インターネット経由でデータのやりとりを行う際に、データの改ざんや偽造が行われていないことを確認する手段であり、相手がデジタルサインを行う事で、捺印と同等の法的効果を持つことが出来ます。

紙面には、実際の書類同様の認め印が押されているので、現実でやりとりを行う書類の電子データ化をしたものになります。デジタルデータなので現実世界のものとは異なり、データを受け取る際に偽造などが行われる可能性なども考えられますが、その場合の事も想定して、情報には公開鍵暗号化方式を応用して作られたデジタルサインの情報が埋め込まれています。

そのため、見た目としては書類にデジタルデータの捺印が押されていますが、別に見えないところで情報を管理しているので、専用のソフトを用いてその情報を検出しなければなりません。

これにより、紙面に捺印が押されていたとしてもその効力が認められるものではなく、見えないところの情報こそが正式に効力が認められる情報になるわけです。

データが手元に届く間に偽造や改ざんなどが行われたとしても、相手先のコンピューターで電子署名が行われない限りは信用出来ない書類になるので、本人から受け取る書類の有効性が保たれることになります。

これは企業同士での書類のやり取りなどに使われており、インターネットサービスでも正式の企業がサービスを行う際にきちんとした会社のサービスと提示する役割もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ