テレフォンショッピングによる通信販売と決算方法とは

テレフォンショッピングとは電話機を利用した通信販売の一種で、主にテレビショッピングやラジオショッピングにおいて、注文の申し込み手段として電話を利用するので、この名称が使われています。

商品紹介はテレビやラジオなどの媒体で行われており、顧客は商品が欲しい場合には指定された電話番号にかけ、そこで氏名から郵送先の住所、決算方法などをオペレーターに伝えます。クレジットカードによる決済にも対応しているので、口頭でクレジットカードの番号を伝えなければいけません。

他には代金引換からコンビニ払い、銀行振り込みから通信販売業者が行う割賦販売などにも対応しており、支払い手段に応じて選択することが可能です。
昨今ではインターネットショッピングの登場により、パソコンによるデータ入力で商品の購入から決済までを行うことが可能になりました。

しかし、インターネットに関するスキルの必要性や、セキュリティ面での配慮などが問題になっていることから、インターネットに慣れている顧客層がメインターゲットとなっています。これに対してテレフォンショッピングの場合には、電話によるオペレーターとの対話で商品購入から決済までを行うので、特別なスキルなどが必要ありません。

テレビやラジオによる商品紹介で購入を決めるので、中高年層には利用しやすい通信販売の手段として、現在でも利用されています。カタログ販売ではハガキでの申し込みを行うので、電話の方が申し込みから購入までの手順が短く済むメリットがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ