テレフォンバンキングによる銀行操作とインターネットバンキングとの違い

テレフォンバンキングとは銀行サービスの一種で、電話による銀行操作が可能になります。銀行のオペレーターが対応するものであり、行いたい取引を口頭で伝えることで手続きを行ってくれるので、顧客が直接銀行に赴かなくても電話による操作が可能なメリットがあります。

しかし、昨今ではインターネットの普及によって、オンラインバンキングが登場しました。また、携帯電話の普及によるモバイルバンキングが登場したことで、場所や時間を問わずに機械を通して銀行操作を行うため、オペレーターと対話をしなくても済むのがメリットです。

しかし、デメリット面としてはインターネットを利用できる技術が必要であり、パソコンやインターネット、モバイルバンキングに関しては携帯電話やスマートフォンなどインターネットが利用できるモバイル端末を所有していないなければいけません。

そのため、インターネットには慣れていない顧客が簡単に利用できるものでもなく、ログインIDやパスワードなどの重要な情報が、セキュリティの甘さから流失してしまった場合には取り返しの付かない事態に陥る危険性もあります。

インターネットに対するスキルがない人などは、オペレーターを相手にするテレフォンバンキングを利用する傾向が強く、セキュリティ面での心配事などはなくなります。しかし、オペレーターが対応できる時間帯が決められているので、オンラインバンキングよりも利用できる利便性の低さが露呈しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ