電子決済による利便性と使い過ぎの注意とは

電子決済は、商品購入時やサービス代金の支払い時に、硬貨や紙幣を利用せずにデジタルデータにより決済を行う手段です。インターネットによるオンラインショッピングでの利用を中心に広がっており、現実世界でも非接触型電子マネーとして使用可能な店舗が増えています。

クレジットカード、電子マネー、オンラインバンキングによる銀行振り込みなどが該当します。メリットとしては硬貨や紙幣が物理的に存在しないので、財布が軽くなって、盗難のリスクも抑えてくれるものになります。

このシステムの登場によっておサイフケータイなども登場しており、FeliCaやNFCなどの非接触技術を用いることで携帯電話、スマートフォンだけで買い物を行う事が可能になりました。

しかし、デメリット面の影響も大きい存在ではあり、それは金銭感覚を失ってしまう事への懸念です。硬貨や紙幣が物理的に存在していないことから、いくら金額を使用したのかが把握しづらく、クレジットカードの場合にはカードホリックと呼ばれるクレジットカード依存症に陥る場合もあります。

特に、クレジットカードやクレジット連動型電子マネーを利用する場合には、信用取引を前提にお金を貸してもらっているに過ぎないので、自分の収入以上の利用金額を使ってしまう事も珍しくはありません。

この場合には多重債務者になるケースなどもあるので、利用金額の把握に関しては計画的に使う事が望ましいとされています。電子決済にはメリット面もありますが、使い方によってはデメリットにもなってしまうので、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ