相手の見えないインターネット世界での電子証明書の重要性

電子証明書とは、インターネットを通じてやりとりが行われるデータの正当性を証明するためのものであり、認証局によって発行が行われます。これにより、第三者からの改ざんが無く、利用者と相手方との通信において本物であると証明することが可能です。
特にインターネット上では、偽造されては困るデータのやりとりが頻繁に行われています。

インターネットショッピングなどでは、商品を購入する際に氏名や住所などの個人情報、決済に利用するクレジットカードの番号まで入力を行うので、顧客からオンラインショップとの間の通信を盗み見されることを避けなければいけませんし、オンラインショップ自体がクレジットカード番号を盗むために作られた、架空のサイトなのかもしれません。

そのため、正規のオンラインショップとして正当性を証明するためには、電子証明書を顧客に見せることで信用をしてもらう必要があるわけです。

通信内容を第三者に知られないために、SSL通信と呼ばれる特殊な暗号化を行った通信方式や、データの改ざんを防ぐために電子署名の必要性など、相手が見えない世界だからこそのセキュリティ面の向上のために利用されています。

電子証明書は、日本では個人の身分証明書としての役割も持っており、住民基本台帳カードを利用することで、インターネット上で納税サービスなどを利用する際に、本人だと証明する正当性の高い証明書としての役割があります。地方自治体によって対応が異なりますが、これにより行政サービスの利用も可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ