電子メールを利用したクレジットカード情報を盗み出す仕組み

インターネットを介して個人向けにメッセージを送る電子メールが、パソコンや携帯電話で利用されており、企業なども個人向けにお知らせを送るために登録などを行っている会社もあります。

クレジットカードやインターネットサービスなどの申し込みが必要なサービスの大半が、メールアドレスの登録を必須としており、クレジットカードの場合には支払期日、支払金額をメールで送信することで、回収率のアップに努めています。

しかし、電子メールは場合によってはクレジットカード犯罪の入口になってしまう脅威も潜んでいます。それはフィッシング詐欺であり、クレジットカード会社に成りすました不正メールを送信し、「不正アクセスが行われたので情報を確認したい」と書かれています。

メールに記載されているWEBサイトは本物に似せた作りになっており、クレジットカード番号などを入力させることで、簡単に情報を盗み出すことが可能なのです。特にインターネット世界ではクレジットカードは存在しなくても番号だけで買い物が行えることから、当の本人には盗まれた自覚が無い状態で不正利用が行われてしまいます。

このようなトラブルを事前に防ぐためにも電子メールの管理は重要であり、怪しい内容のメッセージは開かないこと、特定されてしまうアドレスに設定しないことが重要です。実際に存在する会社の名前を名乗り、開かせるような重要な文章で誘導を行うので、メッセージ内容を見極める事、記載されているURLを見る事に気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ