電話確認を行う事の重要性と不正利用を防ぐこと

電話確認とは、電話を使って本人もしくは職場を確認することです。クレジットカード発行会社でも、信用取引を行う事から電話を使った確認が行われています。

主に2種類の確認方法が行われており、始めにクレジットカードを申し込んだ際に本人は実在する人物なのか、申込時に記入した職場に勤めているのかを確認するために、職場に電話をかけてくる場合があります。利用者の中には突然、職場に確認の電話が行われてしまうと困ってしまうので、電話確認を行わないクレジットカード発行会社もあります。

また、クレジットカードの利用方法が不自然になった場合にも行われ、高額な同じ商品を複数購入した場合や、いつも少額の利用しか行わない顧客が急に多額の利用になった場合に、本人が利用しているのか確かめる必要があります。

これは、本人の知らない所で偽造カードやインターネット上でカード番号だけを抜き取られ、本人に成りすまして悪意のある第三者が利用しているのではないのかを確かめるためです。

本人が利用していた場合には事は済みますが、本人以外が利用していた場合にはカード犯罪に巻き込まれているので、早期に犯罪を見つけることが可能であり、早期にサービスを停止させることで、新たな不正購入を止めることが出来ます。

特に犯罪に巻き込まれてしまうと、当事者が気づかない場所で使われてしまう事から、早期発見が遅れてしまう事で大きな損害になるケースもあり、そのために行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ