権利関係を示す登記を使った担保による資金調達とは

一般的に権利関係を公示するための記載のことを登記と呼んでおり、例えば不動産登記であれば、所有している建物や土地などの所有権を持っている事を示す書類になります。

この書類を他人に渡すということは土地や建物を渡すことに該当し、これを担保に融資を行う不動産担保などもあります。このような融資手段を使って、返済ができなくなってしまう債務不履行に陥った場合には、書類を引き渡すことで所有していた不動産を手放すことになります。

融資を行った金融機関はこの不動産を売買することで、融資に使った現金を回収することができます。そのため、不動産担保を使ったローンサービスでは一応、返済不能になった場合の保険があることから、融資できる金額を多めに設定することが可能です。

登記は不動産だけではなく、債権譲渡などにも使われます。これは債権者同士のやり取りの際に使われるもので、クレジットカード会社や消費者金融などの金融機関は顧客に対して現金の融資を行いますが、その資金を調達するために別の金融機関や投資機関から資金を調達しています。

その際に担保になるものが所有している債権であり、これは後に顧客から返済を行ってもらうことを前提とした財産になるので、この権利も価値のあるものと言えます。これを担保にすることで、別の金融機関や投資機関から融資を行ってもらえるのです。

もし、倒産などに遭遇したとしても債権を譲渡してもらえるので、顧客からしてみれば債権者が変わってしまう状況になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ