盗難カードによる被害と不正利用から守る手段とは

クレジットカードが盗難や紛失などで利用者の手元から離れてしまった場合は、盗難カードとして処理されます。利用者はクレジットカード会社に連絡を行い、クレジットカードの利用停止を申し込みます。これにより、拾得した第三者が不正に利用したりすることを防ぐことが可能になり、無効通知リストと呼ばれるデータベースにて登録が行われます。

もし、第三者が拾得したクレジットカードで買い物などを行った際には、加盟店側のシステムに信用承認システムがあり、オンライン通信で接続された無効通知リストと照合を行い、利用できるかできないかが判断され、利用できなくなってしまうわけです。

クレジットカードを利用する場合には暗証番号の入力が行われており、本人しか知り得ない番号を入力するので、拾得してしまったとしても暗証番号を知らなければ利用できないシステムにもなっています。

インターネット上では、キーロガーと呼ばれるキーボードで入力した情報を第三者に転送する悪意のあるソフトウェアなどが登場しており、オンラインショッピングの際に入力した情報が盗まれるなどの事態も発生しています。これによって、クレジットカードが手元にある状態でも不正利用が行われるので、本人が被害に遭遇することが遅れてしまいます。

そのため、使用するパソコンや携帯電話などのセキュリティを高める必要があり、セキュリティソフトの導入など不正ソフトの検出を行う自己防衛が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ