登録同意を行うことで顧客の個人情報がどのような使われ方をするのか

登録同意とは、プライバシー保護の一環で、顧客に対して、登録された個人情報を特定の目的のために収集することに同意してもらうことを指します。顧客が同意を行うことで、サービスを提供する会社は顧客の情報を収集することが認められるわけです。

クレジットカード業界では、信用取引により現金を融資していることから、個人情報を登録する個人信用情報機関が利用されています。
ここには顧客の氏名、住所、職業先などの基本情報から契約内容、返済状況なども管理されています。

これによって、クレジットカードに申し込んだ際に行われる審査に利用されたり、利用中での信用のモニタリングの情報源として使われており、他社のクレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスをどのくらい利用しているのか、借金状況はどのくらいで、無理のない使い方を行っているかどうかを調べることができます。

これにより、クレジットカード会社によっては、他社の返済が1日でも遅れた場合には事前にリスクを回避するために、即座にクレジットカードの利用を停止させるなどの処置が行われるケースもあります。

個人信用情報機関はプライバシーの問題点から顧客からの同意が必要であり、同意のない顧客の利用を行うことができません。そのため、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスを利用する場合には、登録同意が求められるものであり、拒否した場合にはクレジットやローンなどのサービスを受けることができなくなってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ