独立設置ATMの登場による利便性の向上とは

独立設置ATMとは、銀行や消費者金融の店舗外に設置されているモデルで、主にショッピングモールやスーパーマーケット、街中に設置されている独立したATMなどが該当します。最近では、コンビニATMやイオン銀行などが登場したことで、1台で複数のサービスに対応しています。

ショッピングモールやスーパーマーケット、百貨店などのATMコーナーに設置されているモデルの多くは、現地の地方の金融機関に対応しています。

地元に住んでいる利用者が、買い物を購入するための現金をその場で引き出せるということで、利便性の高さから利用者が多いのですが、都市銀行や他地域で展開をしている地方銀行を利用している旅行者や、出張で現地を訪れている人からしてみれば、該当する銀行のATMが現地に設置されていないので、利便性が大きく失われることになります。

コンビニATMやイオン銀行などでは、複数の金融機関システムと繋がっているので、他の地域の銀行などの操作を行うことが可能です。また、消費者金融のサービスやクレジットカードのキャッシングへの対応も行われており、消費者金融のカード、クレジットカードを差し込むことで現金をその場で借りることができます。

消費者金融やクレジットカードの場合には独立設置ATMがないので、複数の金融機関に対応したシステムを利用して顧客の利便性の向上を図ると共に、設置コストの削減や運営費などの無駄を省くために導入されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ