トランザクションと呼ばれるインターネット上での取引のメリット、デメリット

トランザクションとは、電子データを使って現金の貸し借りを行ったり、株の売買、保険の請求、クレジットカードを利用した決済など、通信を利用して取引する行為を指します。
現代社会では、インターネットが普及したことによって、電子データを使った取引が多くなりました。

特にオンラインショッピングや電子書籍、音楽、映画などのデジタルコンテンツのダウンロードを行う際には、クレジットカードを使った決済が定番となっており、即座に決済が行える特徴から、オンラインショッピングではすぐに発送の手続きに入ることが可能です。

デジタルコンテンツもその場でダウンロードできるので、商品が手元に届くまでの時間を短縮できるというメリットが大きいです。

しかし、インターネット上でクレジットカードを使うことは危険性が付きものであり、クレジットカードは記載されている氏名、番号、有効期限、セキュリティコードだけで決済を行うことができるので、コンピュータウイルスなどが侵入している場合には、これらの情報が抜き取られる場合があります。これにより、悪意のある第三者が勝手に不正利用を行うことが容易になっています。

昨今ではスマートフォンを狙ったコンピュータウイルスなども登場しており、セキュリティ意識を高めると同時に、セキュリティソフトの導入や怪しいサイトへのアクセスを行わないなどの対策を取らなければなりません。トランザクションを利用した取引は、メリットがある一方でデメリットもあるということも忘れてはいけないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ