取引銀行を会社案内に表示させる役割と信用

取引銀行とは、企業がよく利用している銀行のことで、企業のメインバンクとも言えるものです。

インターネットやパンフレット等の企業案内や会社紹介などで記載されている情報で、主に融資を行ってもらっていたり、取引口座を開設している銀行など様々な理由で利用しており、企業によっては取引銀行は1社だけではなく、複数と取引を行っていたりします。

企業案内や会社紹介などで取引銀行を記載するのには、その会社を信用してもらうためという理由があります。大手の都市銀行や地方に基板を置く地方銀行などと取引を行う場合には、審査が行われます。

会社の収益面から事業内容、倒産するリスクが低いことなどが認められることで融資を行ってもらいますが、この審査をクリアしたことの証になるわけです。これを記載することで、新たに取引先相手になる企業が信用できるのかと判断を行ったり、投資家などからもすぐに倒産するリスクがない会社だと信用してもらうことができます。

また、ライバル企業を調べる際にもどのくらいの信用を得ており、組織としての大きさを判断するための材料にもなっています。

大手の会社にもなれば取引する金融機関なども増えるもので、地方に支店を構えている場合には、現地の金融機関からの融資も受けることになるので、現地での信用度合いを示す役割もあり、会社としての力の大きさを表すものになります。これによって、別の金融機関からの信用を得ることが可能になるので、さらなる融資を求めることも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ