取引日によるクレジットカードの支払日と加盟店

クレジットカードビジネスでは、後から支払うことを前提に利用者、加盟店、クレジットカード会社が契約によって結ばれており、後から支払われる取引日が設定されています。利用者側からしてみれば、支払日がそれに該当し、予め決められていた期間内に利用した金額をクレジットカード会社に支払うことで、商品代金の取引は終了します。

クレジットカード会社は回収した商品代金を商品を販売した加盟店に支払う必要があり、これも一定期間にクレジットカードを使って購入された商品代金を、取引日にまとめて支払うことになります。

つまり、加盟店側からしてみれば、商品を販売した直後に商品代金を回収することができずに、クレジットカード会社が予め定めている取引日にまとめて入金する仕組みになっています。

そのため、加盟店の中にはクレジットカードの利用に対して、手数料や支払日の問題から嫌がる店舗なども存在しており、小さな店舗などで使った決済を行った場合に店舗が独自に手数料を設定することで、現金で購入するよりも高くなってしまう場合もあります。

このような店舗独自の手数料を設定することは規約違反になりますので、大手チェーン店などでは行われていませんが、個人経営の店舗などでは請求されるケースが目立っているので、このような店舗は悪徳店舗として会社に連絡することで、加盟店の資格を剥奪される対処が行われます。

しかし、多くの人が加盟店が設定した手数料に疑問を抱かないことから、未だに多くの加盟店で手数料が発生しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ