トリプルカードと呼ばれるクレジットカードの機能性

トリプルカードとは、3社のサービスを利用できる機能が搭載されたクレジットカードになります。主に発行会社のサービス、提携先の企業のサービス、電子マネーやキャッシュ機能も搭載されているモデルもあり、発行会社によって搭載される機能は異なります。

しかし、クレジットカードの多くはダブルカードと呼ばれるモデルが普及しており、発行会社と提携企業のサービスを利用できるモノが多く、ショッピングモールや百貨店、家電量販店などのクレジットカードがこれに該当します。

指定された店舗で買い物を行えば、店舗のポイントが付与されることになり、また、クレジットカード独自のポイントサービスも利用できるモデルが存在しています。
これにより、顧客はよく利用する店舗によってクレジットカードを申し込み、使い分けることでお得にポイントを貯めることが可能になりました。

最近では電子マネーの登場で、電子マネーの機能を搭載したモデルも登場していますが、電子マネーの場合には利用できる店舗が限られてしまう点や、プリペイド方式になるので入金を行わないと利用することが出来ない一面があることから、顧客からはやや懸念されている電子通貨になります。

まだ登場したばかりの電子通貨になるので、トリプルとして搭載されることはありますが、ダブルよりも普及が遅れている事や、店舗側も該当する電子マネーを利用できるように設備投資を行う必要があるので、普及が遅れている一面があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ