非同期転送モードによるインターネット回線と取引

非同期転送モードとは通信方式の一つであり、情報をセルと呼ばれる53バイトの単位に分割することで、小包みのように受信先のコンピューターに情報を渡していく仕組みになります。

特に昨今の情報が膨大になっている携帯電話回線で用いられており、例えば、動画データや画像データ、音楽データをダウンロードする場合には元データの分割を行い、ダウンロード先でデータを統合させることで通信を終了します。

これによって、通信回線の負担を軽減することが可能であり、大勢の人がインターネットを利用した場合などでも部分的にデータを受信させることで、均等の速度で安定性を保つことが可能になりました。データを小包みのようにダウンロード先のコンピューターに受け渡すことからパケット通信と呼ばれています。

しかし、混線している場合には小包みが届く時間にも差が生まれるので、タイムラグが発生して困る操作などには不向きな一面があります。株取引やFXなどで外国為替の取引を行う場合には、リアルタイムで価格が変動することから、注文を行ってから、実際に取引が行われるまでに時間が生まれるわけです。

これにより、携帯電話やスマートフォンで取引を行う場合には、この時間の差も考えなければいけないもので、表示されている情報が必ずしも最新の情報だとは限りません。また、クレジットカードの申し込みなどでも時間制限がある取引などもあるので、時間に余裕を持ってから取引を行うことが望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ