ビヘイビアスコアリングによるクレジットカード利用中の審査

ビヘイビアスコアリングとは、クレジットカードの信用審査の一つです。申込時に行う初回与信とは異なり、発行後にクレジットカードの利用をモニタリングすることで、信用度合いの測定を行う途上与信のために利用されています。

これにより、きちんと支払日に返済を行い、遅延などを行ったことがない利用者に対しては途上与信が行われ、利用限度額の引き上げやゴールドカードへの案内などが行われ、優良顧客として信頼を得ることができます。

しかしその逆に、支払いの遅延が目立ち、返済を怠っているなど、信頼を失うような使い方を行っていれば、利用限度額の引き下げが行われ、最悪の場合にはクレジットカードの利用停止、個人信用情報機関へと登録などが行われます。

さらに、他のクレジットカード会社や消費者金融などを利用する際には、初回審査の時点で個人信用情報機関のデータベースを利用することから、金融事故を引き起こしてしまった信頼できない人間だと判断されてしまいます。

クレジットカードや消費者金融などは、消費者信用ビジネスと呼ばれる顧客の信頼を担保に現金を融資するビジネスになるので、返済をしてもらうことが前提であり、できる限り融資リスクが少ない利用者に対してサービスを行っているため、信用問題が重要な要素になっています。

個人信用情報機関などのデータベースは各金融機関が共有している情報源でもあるので、他社で金融事故を引き起こしたから別の会社では大丈夫というわけではありません。また、優良顧客の情報も共有しているので、別の会社で融資を行ってもらう際には信頼ができる顧客だと判断されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ