クレジットカードのセキュリティシステムである秘密鍵

秘密鍵とは、ICチップ搭載のスマートカードにおけるセキュリティシステムの、一般的に公開されない鍵のことです。

逆に公開される鍵は公開鍵と呼ばれており、ICチップ搭載のスマートカードをカードリーダーに挿入を行い、システムに認証させる際に、お互いに公開鍵で認証を行い、システム側で発行した秘密鍵でICチップ内の記憶領域にデータをアクセスさせるものになります。

正規のシステムでない場合、鍵を開けることができないので、悪意のある人間がICチップにアクセスを行うとした場合には、複雑なアルゴリズムによって作られた鍵になるため、記憶領域にデータをアクセスさせることができない仕組みです。

主にICチップ搭載のクレジットカードで利用されているセキュリティシステムであり、磁気ストライプを搭載していた時代と比較してもスキミングが行いにくくなったことで、カード内の情報が抜き取られる確率を格段に下げることが可能になり、偽造カードが作りにくくなりました。

また、記憶容量が大きくなったことで、クレジットカード番号などの情報も複雑なアルゴリズムで処理されており、生体認証システムの情報も格納できます。これにより、指紋や静脈などの情報を記録していれば、決済を行う際に指紋センサーや静脈センサーを使った本人確認を行うことが可能です。

しかし、セキュリティ向上による設備の普及が遅れている現状があり、ICチップ認証システムでさえ、加盟店全てに行き届いているわけではありません。そのため、磁気ストライプによる決済が今でも行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ