標準条件制度を利用したクレジットでの商品購入と景気対策

標準条件制度とは、割賦販売契約において耐久消費財に指定されている商品を購入する際に、経済産業大臣が頭金の割合と総返済期間を定める制度のことを言います。ちなみに耐久消費財とは、電化製品や家具、自動車、住宅など長期にわたって利用する商品のことです。

長期的に利用することから、商品価格自体が高価なものなので、買い替えなども気軽に行うことができずに、その商品を長年使ってしまいます。

このような状態から消費サイクルを活性化させるために標準条件制度が実施されており、頭金の割合を軽減させ、総返済期間を長期的に確保することで、分割購入に対する月々の支払を軽減させることが可能です。

これにより、買い替えが行いにくい耐久消費財の商品を比較的に購入しやすくなることで、経済の活性化にも繋げることが可能であり、景気対策として利用されています。
主に販売信用における割賦販売に利用されている制度であり、クレジットカードを使った分割購入には適応されないので、注意が必要です。

販売信用は商品を販売する店舗で申し込むもので、その場で審査が行われ、それをクリアすることで割賦販売契約を利用して商品を手に入れることができます。

審査は個人信用情報機関を使った評価を行うので、クレジットカードの利用状況なども審査の対象になります。過去に支払の滞納などを行っている場合には、信用が出来ないと評価されるので、販売店での割賦販売契約の審査もクリアできなくなってしまう可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ