UCカードを利用して付与される永久不滅ポイントの特徴

UCカードは、みずほフィナンシャルグループのカードのことを言います。クレジットカード発行会社として、提携企業のモデルも合わせると45種類のクレジットカードを取り扱っています。年会費無料からトラベル重視、IC乗車券搭載のモデルと幅広く扱っており、利用者の利用目的やシーンに合わせて自由に選択することが可能です。

例えば自動車をよく利用する場合にはHONDAのモデルがあり、ドライバーズ系クレジットカードとしてHONDAが管理するサーキットやモータースクールなどの利用料金が特別優遇されたり、家電量販店のヤマダ電機の利用が多ければ、ヤマダLABIカードを利用すればヤマダポイントが付与されるなどの優遇を受けることができます。

UCカードの大きな特徴としては、独自のポイントサービスがあり、これは提携モデル全てで利用することが可能です。永久不滅ポイントという名称でサービスが行われており、付与されるポイントには有効期限が設けられていないサービスになります。

そのため、たまにしか利用しない利用者でも長期的にポイントを貯めることが可能であり、有効期限を気にしながら使わなくてもいいメリットがあります。

永久不滅ポイントは、専用のマイレージサイトにて用意された商品と交換を行うことが可能ですが、サイト内で紹介されているオンラインショップを、サイト経由で商品を購入しても貯まる仕組みになります。これによって、比較的にポイントが溜まりやすく、商品やギフト券などと交換することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ