PINによるICチップ搭載のクレジットカードのセキュリティ

PINとは、ICチップを搭載したスマートカードの暗証番号のことであり、利用している人物が本人なのかどうかを確認するために利用しています。特にクレジットカードやキャッシュカードなどでは現金を取り扱うものなので、暗証番号の管理などが重要視されています。

クレジットカードにおけるPIN確認は利用する際に必要な手続きであり、加盟店にてクレジットカードを使った決済を行う場合には、加盟店に設置されている端末にクレジットカードを差し込むことで、ICチップにアクセスを行います。そして、暗証番号を入力することで、決済を行うことができます。

従来の磁気ストライプ方式モデルと違ってサインによる本人確認を行わないので、第三者が利用した場合でも、暗証番号を知らなければ決済まで進むことができないわけです。そのため、暗証番号の管理は重要なもので、簡単に予測できてしまう数字に設定を行うことは危険になります。

4桁による数字の組み合わせで設定を行いますが、そこに電話番号や生年月日、連続した数字番号などは本人が忘れないのでよく利用されがちですが、クレジットカードを不正に取得した悪意のある第三者からも予想されてしまうので、危険性が増します。

これにより、クレジット会社や銀行などの金融機関では、このような予測が出来る数列は推奨されておらず、本人が決めたランダムの数列が良いとされています。もし、暗証番号を忘れてしまった場合には金融機関に連絡を行うことで、再設定を行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ