PIN確認によるクレジットカードの本人確認とは

PIN確認とは、ICチップを搭載したクレジットカードを利用する際に、加盟店側が顧客に対して本人であるのかを確認するために、カード申し込み時に設定した暗証番号を打ち込んでもらう手続きのことです。PINとは暗証番号のことであり、クレジットカードに申し込む際に4桁の数字を設定します。

これによって、本人しか知り得ない暗証番号を入力し、本来の持ち主だという確認を行います。磁気ストライプ方式のクレジットカードでは、サインによる本人確認を行っていましたが、サインレスになったことで、決済のスムーズさにも貢献しています。

しかし、セキュリティ面の問題もあり、暗証番号を予測されやすい数字に設定してしまった場合には、その情報を知り得ている他人でも利用できてしまいます。

そのため、暗証番号の設定は他人に予測できないものに設定することが理想的です。生年月日や電話番号、自動車のナンバープレートなどは利用者本人が忘れにくい数字ですが、第三者も予測してしまうので、不正利用されやすくなります。

もし、予測されやすい暗証番号で設定して不正利用された場合には、付帯保険サービスであるショッピングガード補償を利用することができなくなってしまい、利用された代金を自己負担で行わなければいけません。

他人に特定されにくい、利用者自らが知り得る情報を暗証番号に設定しておくことが、クレジットカードを第三者から守る手段になるわけです。ちなみに忘れてしまった場合には、クレジットカード会社に連絡を行うことで、郵送にてお知らせされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ