ファームバンキングとインターネットバンキングの違いとは

ファームバンキングとは、企業が専用のコンピュータと通信回線を利用することで、銀行の操作を行えるシステムのことを言います。これによって、会社にいながら預金の残高照会、入出金照会、口座振込みなどのサービスを利用することが可能です。

しかし、近年ではインターネットテクノロジーの普及と発展により、一般家庭に普及しているインターネット回線やパソコン、スマートフォンを利用するインターネットバンキングが登場し、ファームバンキングは役割を終えてしまいました。

個人や法人が利用できるインターネットバンキングでは専用のシステムや回線を用意しなくても、一般的なインターネット回線やパソコン、スマートフォン等のデバイスさえあれば、インターネットを通して残高照会、入出金照会、口座振込などの銀行操作を行うことができるようになりました。

しかし、セキュリティの問題なども新たに浮上しており、インターネットバンキングではIDとパスワードさえ入力すれば、どこからでもログインすることが可能なので、悪意のある第三者にIDとパスワードが知れ渡ってしまえば、口座残高から現金が抜き取られる可能性などもあるわけです。

セキュリティソフトの導入などにより、コンピューターウイルスなど悪意のあるソフトウェアからコンピューターを守ることも大事ですが、一時的に利用できるワンタイムパスワードの導入も望ましいとされています。

これはコンピューターと隔離されているワンタイムパスワードを利用することにより、第三者からIDやパスワードが抜き取られても、ログインすることができなくなるという機能があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ