ファイナンシャルアドバイザーによる資産運用のアドバイス

ファイナンシャルアドバイザーとは、顧客の資産運営に対してアドバイスを行う業種になります。主に銀行や証券会社など顧客の財産を預かる会社などで仕事を行っており、銀行であれば、多額の現金を預けている富裕層などの大口顧客に対して応接間など特別な優遇サービスの一環として行われています。

この職業の役割は資産運用のアドバイスであり、今後どのような資産管理を行えばいいのかを専門的な知識を駆使して、顧客の収入状況から家族構成などの情報と組み合わせて適切な運用方法や、どのような保険に加入すべきなのか、子供をどのような学校に通わせるべきなのか等のアドバイスを提案してくれます。

銀行以外では保険代理店などにも在中しており、保険に関する相談などを行うのもファイナンシャルアドバイザーの役割となります。
また、企業に属する者以外にもフリーのファイナンシャルアドバイザーも存在しています。

例えば、訪問販売のセールスマンのスタイルで営業を行っている人もおり、取り扱う商品なども保険、金融商品、株式、不動産、税金、年金など資産運用に関わる商品を幅広くなっております。、資格を持つことで、そのアドバイスに対する力を発揮しやすいのがフリーの特徴となるでしょう。

金銭問題のプロフェッショナルの力を発揮するので、的確なアドバイスを行うことが可能です。資産運用のアドバイスを行うので、当然ながら借金問題に対して、例えばクレジットカードや消費者金融などで生まれた負債の処理方法などもアドバイスしてもらえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ