ファイナンシャル・プランナーによる資産運用

ファイナンシャル・プランナーとは、資金計画に関する専門家であり、顧客の収入、負債、家族構成、資産状況などの情報を元に将来のライフプランニングに合わせた資金計画を組み立てたり、アドバイスを行う職業になります。

大きく2種類に分けられており、組織に所属しているファイナンシャル・プランナーは銀行や保険代理店などに属しているので、銀行であれば一定の大金を預金している富裕層に向けて、プライベートバンキングと呼ばれる資金運用に関する相談窓口があり、そこでこれからの資金運用に関する相談を行うことが可能です。

保険代理店であれば、どのような保険が顧客に適しているのかをアドバイスを行って貰える事ができます。組織に属していないファイナンシャル・プランナーはフリーと呼ばれており、資産運用以外にも借金問題の解決策から保険、ローン、税金、不動産、株式、金融商品と多種多様の資産に纏わる相談、アドバイスを行っています。

個人で事務所を立ち上げる人もいれば、訪問販売などで営業を行う人もおり、仕事を自分で取ってこなければいけない一面もありますが、多種多様の資産に関する相談、アドバイスを行うことができるので、実力を発揮しやすく、銀行や保険代理店のような固定された枠組みに囚われないメリットがあります。

このようなアドバイスを行うには資格が必要であり、国家試験として試験が行われているので、国から能力が認められることで顧客からの信用を得ることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ