不均等払いによるクレジットの支払いが発生する仕組み

不均等払いとは、クレジット利用者の月々の返済額を平等ではなくバラバラに設定することであり、利用者の収入形態や季節などによって多めに設定を行ったり、少なめに設定を行ったりすることです。

これによって、農業を運営している利用者などは季節によって収入状況が変化してしまうので、そのような人たちに向けて月々の支払額に変化を与えているわけです。

主に消費者金融や銀行のローンサービス、リースなどで行われており、季節によって収入が変化する農業を行っている人などが、農作業機器の導入などで融資を受ける際に使われている返済方法になります。

そのため、収入が毎月安定しているサラリーマンなどは受けることができず、毎月の支払い額が均等になる支払い方法が求められているのです。

他には一部のマイカーローンなどにも利用されており、任意で金額の増減を行うことができるので、収入が不安定なフリーターや派遣社員などから、後に収入が増えだしてくることが確定しているけれども、最初の頃は少額の支払いを行うという計画を持つ利用者などが利用しており、通常の均等な支払いを行えば、月々の支払金額が固定されるので、その支払いがきついと感じてしまう場合などに使われています。

クレジットカードや消費者金融などではあまり使われない返済方法であり、一部のマイカーローンや農業機器のリース会社などが行っているサービスの一環なので、基本的にはあまり目にすることがない支払い方法になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ