クレジットカードや消費者金融の負債を持つこと

負債とは、一般的には他人から金銭や物資を借りる行為の事であり、また、借りた金銭や物資に対する名称としても使われています。将来的には返済を行う義務があり、法律上では債務に分類されます。

クレジットカードを利用した場合や消費者金融を利用した場合には、金融機関に対しての債務が発生し、ショッピングやキャッシングで利用した現金に関しては、後日に返済を行う義務があります。

通常では借金と呼ばれており、消費者信用産業では現金の貸し借りによって成り立つビジネスになるので、返済日をきちんと守ることで負債を解消しなければいけません。もし、滞納や返済を拒むようなことがあれば、金融事故として処理が行われるので、裁判沙汰へと展開する場合もあります。

また、個人信用情報機関に登録が行われることで他のクレジットカード会社や消費者金融、販売信用、銀行のローンサービスを受けることができなくなってしまいます。裁判では財産差し押さえが認められることから、融資を受けていたクレジットカード会社や消費者金融などから、顧客が所有している財産を抑える権限が与えられるので、所有している建物や土地、価値のある金属や宝石などを失う可能性などもあるでしょう。

このような事態を避けるためにも、返済日にきちんと返済を行うことや返済不能な状態に陥るような使い方を避けるなど、計画的な使い方を行うことが望ましいとされており、無計画に使ってしまうようであれば、申し込みの審査の段階で断られる場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ