負債費月額による毎月に発生する返済の仕組み

負債費月額とは、債務の月々返済の事であり、クレジットカードや消費者金融、販売信用、銀行のローンサービスなど借りた金銭を支払うものです。商品を分割払いにて購入した場合や、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを分割にて返済を行う場合には、完済するまで毎月の支払が発生することになります。

負債とは、借金のことであり、他人から金銭や物資を借りる行為や借りた物に対する名称として使われています。

将来、返済を行うことを前提に、クレジットカードや消費者金融などの消費者信用ビジネスが成り立っているので、経済的に余裕がなく一括での返済ができない場合に、負債費月額による分割払いやスライド式のリボルビング払い、最長6ヶ月まで支払いの猶予が与えられるスキップ払い、夏と冬のボーナス時期に返済を行うボーナス払いなど様々な返済方法が用意されており、消費者信用ビジネスを行う金融機関などは、様々な手段を使って顧客の負債を解消させやすい環境を作っています。

もし、支払いが滞ってしまった場合には督促状が郵送され、顧客に対して注意が促されます。しかし、それでも返済を行う意思を示すことがなければ財産差し押さえまで発展してしまい、所有している不動産から宝石や金属などの財産が、裁判所の許可の下で没収されます。

また、個人信用情報機関に問題のある顧客としてデータが登録されるので、金融事故後にクレジットカードや消費者金融など申し込んだ場合でも、審査の時点で拒否されてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ