不正加盟店検知プログラムの導入による悪徳加盟店を見つけ出すこと

不正加盟店検知プログラムとは、クレジットカードを安全に利用できる環境を作るために、VISAが導入しているシステムです。

事前に設定したパラメーターを超えた不正取引を行っていると考えられる加盟店を追跡し、特定する仕組みであり、クレジットカードの加盟店はアクワイアラーと呼ばれる役割のクレジットカード会社と提携を結ぶことで、クレジットカードの利用が認められるわけになりますが、アクワイアラーと提携を結んだ店舗が必ずしも安全で信用できる店舗だと断言することはできません。

例えば、加盟店側の不正なクレジットカードの対応としては利用金額の問題であり、製品を購入した時に現金で購入する際よりも多めに支払いが行われる加盟店などもあります。当然ながら、このような行為は契約違反であり、アクワイアラーに連絡を行うことで、提携を解消し、クレジットカードの決済が行えなくなります。

加盟店側からしてみれば、クレジットカードを利用された場合に商品代金の数%は手数料としてアクワイアラーに支払わなければいけません。そのため、現金で商品の購入やサービスの提供を行った場合と比較しても、収入は減ってしまうわけです。

これにより、加盟店の一部では手数料分の金額を商品、サービスの代金に上乗せして顧客に負担させる店舗なども存在しており、現金で決済を行うよりも多めに支払うケースがあります。このような店舗は顧客の連絡で発覚しますが、システム上でも発見できる仕組みが導入されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ