不正利用からクレジットカードを守る為に気をつけること

クレジットカードの不正利用から身を守るためには、自己防衛が必要になります。不正利用の多くはスキミングによる被害であり、これは加盟店などでクレジットカードを利用する際に店員に渡しますが、その店員が悪意を持っていた場合には、クレジットカードのデータを抜き取るスキミングにより情報が抜き取られます。

その情報を元に偽造カードを作ることで、高額商品を購入したり、キャッシングにて現金を引き出す犯罪になります。スキミングの被害に遭遇する傾向としては、新興国での個人店や日本ではキャバクラなどの夜の店で行われることが多く、信用できる店でクレジットカードを利用することが望ましいです。

このようなスキミングによる被害を防ぐためにICチップの導入が行われており、以前の磁気ストライプ方式よりもデータ保存領域が大きくなったことを受けて、複雑に処理されたデータを格納することが可能になりました。

また、ICチップ自身にも処理能力が加えられたことで、正規のシステムで利用されるのかを判断することで、不正利用から守ってくれます。しかし、日本ではICチップを読み込むリーダーが普及していますが、海外ではリーダーの導入コストから未だにICチップの利用を行わず、磁気ストライプによる読み込みが行われています。

それに伴い、発行されるクレジットカードの多くが利便性向上のためにICチップと磁気ストライプの両方が搭載されていることから、いくらICチップのガードを高めたとしても磁気ストライプのセキュリティは低いままなので、使う店舗などに気をつけなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ