プッシュテクノロジーを利用したインターネットの広告戦略

プッシュテクノロジーとは、インターネット上にあるシステムの一つで、インターネットユーザーの検索履歴や入力情報、アクセス情報などを解析して興味のありそうな最新情報を配信するマーケティングシステムになります。

これによって、WEBサイトやブログなどの広告欄に、過去に購入した商品に関連のある別の商品がおすすめされたり、検索キーワードによって興味のありそうな広告が表示されることで、購入率をアップさせる狙いがあります。

オンラインショッピング以外でも、興味のありそうな広告であれば商品購入するもの以外でも表示され、例えば、保険の申し込みやクレジットカードの契約なども表示されます。

表示されるには、やはり保険の事を調べていたり、クレジットカードのサイトをよく利用しているユーザーに対して行われるので、保険やクレジットカードの事をあまり調べないユーザーには対しては表示されることがないです。

また、IPアドレスによっても反応を示すので、家族が別のパソコンやスマートフォンで調べていた場合にも、検索を行っていないにも関わらず、該当する広告が表示されることがあります。

これによって、従来の興味がありそうな広告を展開させるより、必ず興味があると確信できる広告を展開させることで、購入するタイミングを逃すことなく集中的にユーザーに対して発信することができるので、効率が良い広告戦略を行うことが可能になりました。オンラインショップでも、購入履歴からおすすめの商品として表示されるシステムも同様のものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ