歩積みによる手形の割引サービスと預金サービス

歩積みとは、銀行などの金融機関が手形割引や手形担保貸付を行う際に、割引額の一部を預金させることです。つまり、手形を発行する借主は銀行にて手形専用の口座を作ることになりますが、その際に、銀行側としても一部の預金を預けることで割引を行うサービスを行っています。

そのため、歩積み預金と呼ばれており、借主はそこから再度現金を引き出すことが可能なので、大きなメリットとしては銀行側が一時的に預金を回収できる仕組みになります。
手形は一般的に約束手形が該当するもので、企業間の取引の際に、取引した商品の代金を後日支払うことを約束した書類です。

これにより、商品を受け取った側はその場で現金の支払いを行っていないので、借主となり、手形を発行することで指定された日に手形を銀行に持っていくことで、現金に換金することができるわけです。

借主は指定の銀行口座にて支払う金額を入金しておかないと支払うことができなくなってしまい、銀行側からも信用を失ってしまう事態に陥るので、発行する場合にはきちんとした支払いを行う必要があります。

手形は後日現金に換金できる書類なので、価値のある書類になります。これにより受け取った企業や店舗が別の取引先との決済にも利用することが可能であり、発行した借主が知らぬところで他人から他人へと移行していく決済も行うことができます。他人に渡す場合には、前の所有者の名前を背面に記入する必要があり、これを裏書きと言います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ