不動産の所有によるクレジットカードの信用評価

建物や土地などの動かせない財産のことを不動産と呼ばれており、消費者信用産業では銀行の担保型ローンサービスを利用する際に、担保として不動産を指定しなければいけません。これによって、返済ができなくなってしまう債務不履行に陥った際には、融資を行った元金の返済の代わりに指定した不動産の所有権が銀行へと移ってしまいます。

クレジットカードや消費者金融などの消費者信用産業では無担保型と呼ばれており、顧客の信用を担保に融資を行っているので、事前の申し込みでは担保を指定しませんが、債務不履行に陥った際には、裁判所を通して金融機関が差し押さえの対象として財産を差し押さえることができるので、建物や土地を持っている場合には、そこから融資に利用した元金を回収することになります。

そのため、申込用紙には住まいから住居年数を記入する項目があり、持ち家があるのか、それともアパートに住んでいるのかで融資される与信額が大きく変動します。

持ち家がある場合には、返済不能になった際にそこから回収できるので、多めの与信枠に設定されますが、持ち家が無い場合には元金の回収する場所が無いので、リスクの少ない少額の与信枠に設定される仕組みになります。

このように、消費者信用産業では利用客の信用と共に所有している財産などが融資を行う審査の評価対象となっており、金融機関側も共倒れを防ぐために、リスクをできるだけ軽減させる手段で利用客に融資を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ