賦払金を毎月支払う分割購入の賢い使い方とは

賦払金とは、割賦販売契約において商品を購入した際に、商品代金が分割で毎月請求されることになりますが、その返済額の事を指します。

割賦販売契約を行うには主に2種類があり、販売店自らが商品代金を立て替えて顧客を債務者、販売店が債権者になる2者間契約と、販売店が事前に提携を結んでいる信販会社が顧客の支払い代金を立て替えて、顧客と販売店との間に介入している信販会社と契約を結ぶ3者間契約があります。

これらは商品を購入する販売店によって異なっており、債権者が誰になるのかで手数料などの割合などが大きく変わってきます。2者間契約であれば手数料が発生しないケースが多く、3者間契約になれば第三者が介入することから手数料が発生します。

クレジットカードの支払いも賦払金と呼ばれており、クレジットカードを利用して商品、サービスの代金を分割で購入した場合には、商品代金が毎月請求されることで販売信用同様に返済を行います。クレジットカードの分割払いを利用する場合には手数料が発生し、回数が多ければ多いほど手数料の割合が増えることになります。

しかし、一括払いや2回払いまでであれば手数料が発生しないので、一括払いが辛い人の場合には2回払いに留めておくことで、手数料を発生させずに、商品代金を分割にする事が可能です。このような賢い使い方を行うことで、賦払金の負担を軽減させると共に無駄な出費を抑えることで、お得なクレジットカードの使い方ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ