クレジットカードで部分返済を行うメリット

クレジットカードにおける部分返済とは、分割払いやリボルビング払いを行った際に、金銭的に余裕がある場合、先に月々の支払以上の支払いを行うことです。部分返済を行う目的としては利息であり、利息は返済する月に対して発生します。つまり、返済する期間が長ければ長いほど利息が膨らむわけです。

部分返済を行うことで先に月々の支払以上の金額を先に支払うと、期間を短縮することが可能であり、本来発生すべき利息の金額を抑えることが可能です。

また、クレジットカードの与信枠にも影響するもので、10万円の与信枠しか設定されていないクレジットカードで、10万円の商品を分割購入すれば与信枠に余裕がないので、利用できなくなります。毎月1万円を返済したとしても1回目の支払いが終了すれば1万円の与信枠が復活し、2回目の支払いが終了すれば2万円の与信枠が復活します。

しかし、ここも先に5万円を返済すれば5万円の与信枠が復活するので、クレジットカードを利用する際には快適に使える状態にすることができます。
このような支払い方法にはメリットが存在していますが、一部のクレジットカード会社では認めていない所もあります。

分割支払いやリボルビング払いをまとめて支払う場合には、一括での支払いが前提としている会社が多く、一括払いを行えば今後発生するであろう利息やクレジットカードの与信枠の問題を解決することができますが、経済的負担の大きさがデメリットになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ