プライバシーを守る権利と消費者信用産業での個人情報の扱い

プライバシーとは、個人が持つ私生活上の事柄を公開されない保障と権利であり、基本的には氏名や住所などの個人情報などは法的に公開されないことが認められているので、他人の個人情報をインターネットやテレビなどの公共電波で発信することは禁止されています。

クレジットカード業界では、顧客のデータ取り扱うことから特定の目的の為に無断で利用することができません。そのため、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス、販売信用では、申し込みの際に「登録同意」を行っており、これは顧客が自分の個人情報を特定の目的のために利用することを許可する書類になります。

これによって、顧客の個人情報を利用することが可能であり、個人信用情報機関に登録を行うことができるので、顧客の個人情報を会社間の関係なく、いつでも閲覧することができるデータベースに記録しておくことで、新規に申し込みがあった場合には、過去にどのような返済を行っていたのか、支払いの滞納を行って利用停止になっていないのかを確認することができます。

クレジットカードや消費者金融などの消費者信用産業では、顧客の信用を担保に現金を融資していることから、このようなデータをデータベース化しておくことで、他社ので返済状況や現在の借金額などを確認することが可能です。

この情報を元に新規の申込者に対して融資額を設定したり、融資を行うのかという判断にも利用されており、事前に問題のない顧客なのか確認することを行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ