プライベートキーを使ったクレジットカードのセキュリティ

プライベートキーとは、クレジットカードのセキュリティを守る鍵のことであり、ICチップを搭載しているクレジットカードであれば、ICチップ内にプライベートキーによって守られている記憶領域が存在しており、正規ではない機器がICチップにアクセスを行っていたとしても、プライベートキーに守られているエリアへの侵入が行えないので、守るべきデータを第三者に渡さない仕組みになります。

正規の機器でICチップにアクセスを行った場合には鍵を持っていることから、ICチップ内の記憶領域へのアクセスが可能になり、これによって、お互いに正規の機器であることを証明することで、クレジットカードの利用ができるのです。

クレジットカードのセキュリティはこのようなシステムで守られており、悪意のある第三者がスキミングなどの機器を利用してICチップ内の情報を盗み出そうとしても、鍵がないので盗み出すことがほぼ不可能になっており、鍵の情報も複数のアルゴリズムによって何十にも計算処理されたデータになるので、鍵を特定することすら難しいものになっています。

しかし、クレジットカードのセキュリティがこのように高くなっていても、従来の磁気ストライプ方式に関しては危険性は従来のままです。昨今のクレジットカードにはICチップと磁気ストライプの双方が搭載されており、加盟店によっては磁気ストライプを使う店舗もあり、このような店舗ではセキュリティは無効になってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ