ブラウザによるサイト閲覧とセキュリティ問題

ブラウザとは、コンピューター上で情報を閲覧するためのソフトウェアです。一般的にはインターネット上のホームページを閲覧するために利用されており、パソコンを始めとするスマートフォンや携帯電話などに搭載されています。

インターネット上ではホームページを見るだけではなく、利用者が自ら情報を入力することがあります。

サービスの利用時の登録やインターネットを利用した通信販売では、クレジットカード番号の入力が行われます。そのため、ブラウザにはセキュリティを守る機能が搭載されており、危険性の高いホームページでは注意を促し、個人情報やクレジットカード番号などの入力情報が盗まれないように、特殊な暗号によってデータのやり取りを行っています。

ブラウザにも様々な会社から登場しており、セキュリティを重要視したものから、シンプルさを追求したものまであります。セキュリティ問題に関しては、パソコンやスマートフォンの問題も抱えており、コンピューターウイルスやキーロガーと呼ばれるキーボードの入力した情報を、第三者に送信する悪意のあるソフトウェアなども登場しています。

これらのソフトウェアがパソコンやスマートフォンに侵入してこないように、信用できないサイトからのファイルをダウンロードを行わないことや、セキュリティソフトの導入により、異常が発見されればすぐに対処できる自己防衛の意識を高めることが重要です。安心してインターネットを利用するために様々な対策が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ