プラムシステムを利用した全世界のATMネットワーク

プラムシステムは、VISAが所有しているATMネットワークのことで、全世界のVISAカードを利用したATMでの取引データを管理し、運用を行っています。

例えば海外のATMで、VISA搭載のクレジットカードでキャッシングを行った場合には、どのクレジットカード会社の利用者がどこで現金をいくら引き出したのかを記録しています。このデータを元に、クレジットカードの支払い請求日に当時の為替で引き出した現金の支払い請求を行うことが可能になります。

また、海外にはVISAを搭載したプリペイドカードなども存在しており、海外旅行の際に安全な決済手段として、現金を持ち歩くよりも盗難に遭遇してもサービスを停止できるプリペイドカードにも対応しています。

これはトラベルカードとも呼ばれており、あらかじめ開設した口座に現金を入れておき、その口座残高からプリペイドカードで利用できるというものになります。

対応する加盟店であればクレジットカードのようにキャッシュレスで利用することも可能ですが、現金が必要な場合などにはVISAに対応しているATMに挿入することで、口座残高から現金を取り出すことが可能になります。

これによって、見知らぬ外国の地でも現金やクレジットカードを持ち歩くリスクを軽減させることが可能であり、必要に応じて硬貨、紙幣を出すことができるので、プラムシステムでは、これらの取引データの管理、運営を行っているというわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ