プラスチックカードによるセキュリティレベルの向上とクレジットカード

プラスチックカードとは、クレジットカードやキャッシュカード、電子マネーなどに使われている媒体のことであり、0.3ミリ、0.5ミリ、0.76ミリと、3種類存在しています。クレジットカードなどで採用されているモデルは0.76ミリであり、長期間の利用を前提に作られているので、非常に壊れにくい厚さで、財布に入れても邪魔になりません。

また、エンボスと呼ばれる、表面に凹凸の加工が可能なので、クレジット番号や氏名、有効期限などを表面に刻むことが可能です。
背面には磁気ストライプが搭載されており、カード内部にはICチップを搭載できるので、クレジットカードや電子マネー、運転免許証などで採用されています。

特にICチップの導入はセキュリティレベルの向上のために行われており、ICチップ内に情報を保存できることから複雑に処理された情報が保存されていて、磁気ストライプ時代と比べてもスキミングが非常に行いにくいものであり、安全性を守る上では必要不可欠なものになりました。

昨今では非接触型ICチップも搭載されており、これは電子マネーや運転免許証に搭載されているもので、リーダーにかざすことで認識させる技術になります。

主に電子マネーとして利用する場合に、レジに設置しているリーダーにかざすことでスピーディな決済を行うことが可能であり、クレジットカード本体にも電子マネーの機能が搭載されることで、利便性の向上が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ