プラスチックマネーを使った決済手段のメリットとデメリット

プラスチックカードを用いた決済手段を総称してプラスチックマネーと呼びます。主にクレジットカードやプリペイドカード、電子マネーなどが該当します。

現金と異なり、コンピューターによる電子決済システムを用いて決済を行うので、利用できる店舗などが限られるデメリットがあるものの、財布を持ち歩かなくてもカードさえあれば買い物が行えるお金を使うことに対する気軽さのメリットがあります。

クレジットカードの場合にはあらかじめクレジットカード会社との契約が必要となり、利用者の信用の度合いに応じて利用限度額が設定されます。この利用限度額の範囲であれば自由に利用することが可能であり、利用金額は後日の請求日に支払いを行うことになります。

注意点としては金銭感覚を失ってしまうことであり、手元の現金が減らないことからいくら使ってしまったのかが把握しづらい状況になるので、カードホリックと呼ばれるクレジットカード依存症に陥る可能性があります。

プリペイドカードや電子マネーの場合には契約不要で利用することが可能です。金額に関しても前払いになるので、例えば1000円分の利用券を購入すれば、1000円の範囲であれば自由に利用することができるのですが、もし、購入する商品の金額がオーバーしてしまった場合には過不足分を現金で支払いを行わなければいけません。

そのため、現金も一緒に持ち歩く事になります。利便性としては財布から硬貨や紙幣を取り出す手間を軽減してくれますが、残金を気にするデメリットもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ