ブラッドフォームはコンピュータの基盤とセキュリティを支えている

ブラッドフォームは、コンピュータで上位システムを動かすために基盤となる部分のことを指します。パソコンやスマートフォン、携帯電話などではブラウザなどのソフトウェアを動かす基盤として、オペレーティングシステムが働くために、ブラウザを動かすことができるのです。

現在のコンピュータ社会でもこのオペレーティングシステムは普及しており、クレジットカード会社のシステムからATMなど金融機関でも同様のコンピュータの仕組みで動いています。

システムを構築するプログラマーなども、オペレーティングシステムを前提に開発を行っているので、1つのソフトウェアだけを動かすことは難しいものになり、セキュリティの問題も浮上しています。

例えば、多くのコンピュータで用いられているWindows向けにコンピュータウイルスを作成すれば、多種多様な業種でWindowsを採用している企業を狙うことが可能であり、個人のパソコンでも多く使われているので、秘密情報などの流失へと繋がっていきます。

このような事態を避けるために、ATMや金融機関のコンピュータなどは専用の回線を用いることで外部からの侵入を阻止しており、大きな事件に発展することがありません。
問題が多いのは個人宅でのパソコンの利用であり、オンラインショッピングなどでクレジットカードを入力する際には、セキュリティソフトの導入などが望まれます。

実際に入力した情報が抜き取られる事件などが発生しています。これにより、盗まれたクレジットカードの情報を使って第三者が不正利用することも増えているので、何より自衛することが大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ