フランチャイズ制とクレジットカードの全世界展開

サービスを行う企業が、別の企業や個人事業主に対して運営を任せる制度のことをフランチャイズ制といいます。

これにより、企業がビジネスを行えなかった国や地域などにも同様のサービスを展開でき、フランチャイズとして認められた企業や個人事業主には商品やノウハウ、ライセンスに関する権限が与えられるので、それを使ってビジネス展開を行うことになります。

クレジットカードビジネスもこのフランチャイズ制によって展開が行われており、VISAやMasterCard、JCBなどのクレジットカード会社は全世界で展開を行っていることから、全ての国でサービスを展開することは1社では難しくなっています。

そのため、それぞれの国にある企業と提携を結ぶことで、代わりにクレジットカードの発行や加盟店を増やす作業を行ってもらいます。

このメンバーをVISAではプリンシパルメンバー、MasterCardではアソシエイトメンバーと呼んでおり、VISAやMasterCardが持つ権限が与えられているので、自由にクレジットカードの発行を行ったり、対応する加盟店を増やすことができるようになります。

これによって、全世界でクレジットカードビジネスを展開することが可能であり、VISAやMasterCard、JCBなどは国際ブランドを提供すると同時に全世界規模のシステムの運営を行っているので、クレジットカードの利用動向を把握すると共にシステムの提供を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ