フリーローンを使う金融機関の選び方と金利

フリーローンは、消費者金融や銀行のローンサービスの一種で、特徴としては利用目的に制限がないので、現金を直接融資してもらい、自由に利用できるサービスになります。

しかし、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンサービスと比較すると、金利の割合が高めに設定されており、自由に利用できる反面で、金利が高いメリットとデメリットを認識しておく必要があります。

消費者金融ではフリーローンがメイン商品であり、現金をATMで引き出すか、インターネットを利用して銀行口座に振り込んでもらうことで利用することが可能です。

そのため、現金がその場で必要な場合などに利用される現金を融資してもらう手段であり、審査なども銀行よりもハードルが低く設定されているので、現金融資を手軽に利用する場合には消費者金融を使うことになります。

金利としては上限金利が18%に近い利息に設定されており、使い続けるうちに徐々に信用を勝ち取ることで利息が下げられて、下限金利である4.5%にすることは可能になります。

しかし、銀行の場合には上限金利が13%と最初から低めに設定されているので、ある程度の信用をクリアして銀行の審査を受けられる状態であれば、銀行のフリーローンを使うのが理想的と言えるでしょう。現金による融資を求める場合には、銀行や消費者金融を使うことになり、利息の違いや審査の判断基準が異なっている点を理解した上でサービスを受けることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ