振込み指定口座を手数料を軽減して使う方法とは

振込み指定口座とは、現金を受け取るために指定する銀行口座のことです。企業にとどまらず個人でも所有しており、現金を受け取る場所としての利用が行われています。

特にインターネットでは個人や企業などが利用する機会が多くなっており、インターネットショッピングの際に銀行振込による支払いを行えば、企業側が予め用意した振込み指定口座に入金を行うことで決済を行うことができます。

個人間でもインターネットオークションでの支払い先として利用されており、現金で直接受け渡しができないインターネットの世界では、重要な決済方法として利用されています。

また、個人での利用としては給与の振込み指定口座としても利用されており、同銀行間で取引を行えば、振込手数料が安くなるなどのメリットがあることから、給与の受取先として開設する銀行口座が指定する場合もあります。

これと同様に、インターネットオークションなどでの個人間での取引でも手数料が発生するので、取引を行うために都市銀行やネット銀行といった口座を用意しておくことで、多くの利用者が手数料の負担を軽減させることも重要視されています。

そのため、利用者が限定される地方銀行などを指定の口座に設定している場合には手数料が多く発生するので、気軽に取引が行えなくなってしまうわけです。
このように、どの金融機関で取引を行えば手数料のコストを削減できるのかが問題視されており、手数料無料で取引が行える場所でやり取りを行うことが重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ